FXと株

個人投資家と投機筋のポジションから相場を読む方法。及川さんの香港K氏動画を見て

香港K氏の100万ドルレポート「MSCマイノリティストラテジークラブ」の募集が始まりました。生放送は6000人近くの視聴者で400人限定の募集でしたがあっという間に埋まって翌日に募集終了でした。

運営や及川さんの売り方が上手いので勢いで入った人も多そうですね。

私もちょうどポンドで損切りして、あの内容が聖杯に見えたので入りたかったけど、他人の意見を取り入れることで自分のトレードが崩れてしまうのと、25万は高かったので我慢して見送りました・・・。

ただ、公開動画1話~3話と生放送を視聴しただけでも結構な気づきがあったので良かったと思います。

特に勉強になったのは、各通貨の値動きは、個人投資家のポジションと逆に行くという点ですね。

個人投資家のポジションは見られている?

FXをやっているとポジションを持った瞬間に逆にいってしまい、誰かポジションを見てるんじゃないか?という疑問がわくと思います。

ブローカーはポジションを一括して見れますし、個人投資家のポジションを公開している所もたくさんあります。

実際、過去の相場からみると海外ファンドなどの外国の投機筋がもったポジションと個人投資家が持つポジションは真逆になっていて、個人投資家のポジションを全て損切りさせるまで逆に行くようになっているんですね。

個人投資家が買えば、投機筋は売りを仕掛ける
個人投資家が売れば、投機筋は買いを仕掛ける

という感じで狙われています。

資金量のある投機筋は、個人投資家のポジションを狩りとったほうが稼ぐのも簡単ですからね。

個人投資家のポジションの見方

香港K氏は、動画でパブリックバイアス・リテール売買動向(金融だと「リテール」は個人や中小の小口客の意味)と言っていて、個人投資家のポジションと値動きの関係を紹介していました。

調べてみたところ、個人投資家のポジションと投機筋のポジションを見て大衆心理を読むというのは、わりと昔からある手法のようで個人投資家の田畑昇人さんという方が書籍で紹介していました。


武器としてのFX

かなり理論的&体系的にまとめられていたので、ファンダやアノマリーに興味がある人は一度見てみると勉強になりますよ。

たしか、投資家でyoutuberのakiさんも投機筋のポジション(IMMポジション)を参考にして逆張りしていると言っていました。

色々なサイトを見ると、日本人は逆張りが好きな傾向にあるようで、昔からストップロスを狙われて狩られるのが宿命みたいですね(笑

さて、個人投資家のポジションは、IG証券、OANDA、YJFX、外為オンラインなどのサイトで無料で確認することができます。

日本の外為どっとコム

例えば、外為どっとコムでユーロドルを見てみます。

2021年の1月よりは少しポジションが減ってきていますが、個人投資家のポジションがショートに偏っているのがわかりますね。

このデータは外為を利用しているユーザーの統計情報になるので、世界の為替情報の一部でしかないので注意です。

海外のIG証券

ドルストレートの通貨は、外国の証券会社のほうが取引が多いと思うので、海外のIG証券のデータも見てみます。

左の青がロングで右の赤がショート。

ポジションはショートに傾いています。

こちらもIG証券を使って為替取引をしているユーザーのデーターです。

外為オンラインのディールスコープ分析

外為オンラインのディールスコープ分析は、ちょっと古くさいですが、

緑と赤の線が、真ん中の0ラインより上にあると「買い」で下にあると「売り」に傾いています。

ユーロドルは、0より下にあるのでショート側に傾いていますね。

1時間足、4時間足、8時間足、日足、週足と切り替えられるのでなかなか便利です。

こちらは、外為オンラインに口座を開設した人のみ見られます。

こんな風に、FX会社ごとに個人投資家のポジションを公開しているので、参考にできます。

もちろん会社によってユーザー数や通貨の取引量も違いますので、なるべく規模の大きFX会社で、クロス円なら日本のFX会社、ドルストレートなら海外のFX会社を参考にしたほうがデータの信頼度が上がるかもしれません。

投機筋のポジションの見方

今度は、機関投資家などの投機筋のポジションを見てみます。

こちらも個人投資家のポジションデータと同じく無料で一般公開されていて、誰でもみることができます。

左側のメモリはポジションの枚数で、0ラインより上がロングで下がショートの枚数です。

ユーロドルを見ると、個人投資家の売り(ショート)とは逆の買い(ロング)に傾いていますね。

ロングに傾いていますが、ロングポジションは徐々に減ってきているので、今後は再びロングが増加かポジションが0ライン目指してさらに減少などが考えられます。

ちなみに、このデータはIMMポジションといって、買い(ロング)と売り(ショート)のポジション量の集計データ(シカゴ・マーカンタイル取引所の国際通貨先物市場に上場されている通貨の建玉明細)です。

いろいろな投機筋が毎週火曜日の取引終了時点のポジションを報告していて多くの人が参考にしている情報になります。

が、必ずしも報告する義務はなく、バレたくないから違う市場でこっそり取引する大口投機筋も多いようですね。

あと注意点としては、公表されるのが日本時間の翌土曜日なので4日前の情報になり、私達がトレードする月曜日から見ると6日前の古い情報になってしまう点です。

コレ以外にも輸出入の貿易で取引される為替ポジションもありますが、そちらは全体の1割程度。残りの9割は投機ポジションになるので気にしないでOKです。

IMMポジションの推移が見やすいところ

IMMポジションを公開しているところは色々ありますが、オアンダのシカゴIMM通貨先物ポジション、外為どっとこむのエクセルデータ、【最速更新】シカゴ投機筋IMMポジション推移が見やすかったです。

オアンダは、ドル円以外は、本番口座を開設しないと見れません。

ポジションの偏りを判断する目安

田畑さんの武器としてのFXによると、通貨のポジションが片方に大きく傾くと利確などによりポジションがどんどん減少していきます。

投機筋がいくら長く保有してるからといっても、いつかは利確しないといけないですからね。

その天井/底のライン目安が下記です。

円だと10万枚
ユーロだと10万枚から15万枚
英ポンドだと、8万枚から10万枚
豪ドルだと、6万枚から8万枚

コレが意味する所は、

円が10万枚を超えると円高が加速=ドル円の急落
ユーロ外が15万まで行くと、ユーロドルが急落

になります。

今回のユーロの投機筋のポジションを見ても、ユーロドルが15万枚あたりで頭打ちして急落していますね。

なので投機筋のポジションの増減にも注目して相場を読む必要があるということですね。

このIMMのデータは、外為どっとコムの今週のIMMポジションなどでアナリストの解説もあるので参考にするとよいかもです。

IMMポジションの円のポジションは、円のショート=ドル円のロング、円のロング=ドル円のショートと逆になることに注意です。

日本のOANDA japan

最後に、オアンダジャパンでもユーロドルのポジションを見てみます。

オアンダではショートしているユーザーの損切りポイントを見てみます。

下記の図から、買いと売りの損切りで多くポジションが入ってるところが見れます。


OANDAオーダーブックより

見るべきポイントは、買いの損切りと売りの損切りです。

売りの損切り=買い逆指値
買いの損切り=売り逆指値

今回のユーロドルだと1.19200ぐらいから売り(ショート)の損切り予定が増えてますね。

そして、左側の売りの指値のオレンジバーも多いです。1本だけ3%まで言ってるのでかなりの売り圧力です。

なかなか硬そうなラインですが、抜けたら上に強くなりそうです。

上記のことから投機筋は、4/10日時点で弱いロング目線で、今後、個人投資家のショートポジションを狩って上に伸びていくという予想をすると、

1.19200付近の売り圧力を抜けていくと、売りの損切りを巻き込んで、その後1.19500ぐらいまで伸びそうな予想がつきます。

1.19500より上は売りの圧力がそれなりにあるので、一旦1.9500付近でもみあって、1.20000まで上昇。

1.20000抜けて青い損切りポイント1.20500まで到達すれば上昇トレンドに勢いがつきそうですね。

まとめ

こんな感じで個人投資家のポジションとIMMの投機筋ポジションを見比べて、ある程度の通貨の動向を予想することはできそうだなというのがわかりました。

5分足だとノイズも多いのであまり参考にならないかもしれませんが、1時間足以上の時間足でデイトレ~スイングの人は参考にできそうですね。

ただ、香港K氏も、ナンピンや損切りはしてましたし相場に絶対はないです。

相場は、上がったり下がったりを繰り返して調整しながら進んでいくので、ポジション動向を知っていても逆行く時は多々ありますので。

面倒ですけど、自分の頭で考えていくのが大事ということですね。

FXism 及川圭哉さんのTRIBEに入りました!FXで勝てない人・評判・手法など及川さんのFXトレード塾「TRIBE」も終了しました。 わずか3日間の募集でお値段も税込み25万で、デイトレ大百科が19,800円...
リオンちゃんのマシンガンハントFXを購入しました。ツールや手法なども簡単に紹介リオンちゃんのマシンガンハントを購入しました。 リオンちゃんは、声優という本業があり顔出しNGということで、一般発売ではなくFXi...
ABOUT ME
金子 きんこ
金融機関や保険業務の仕事をしていました。ファイナンシャルプランナーの資格や日本商業簿記検定、証券外務員2種などの資格を持っていますが役に立ったことはありません。とくにFXでは。相場を侮ってはいけません。